行政書士としてどうやって仕事をとるか

 今回は「行政書士としてどうやって仕事をとるか」について書きたいと思います。実際に取れた方法なども書いていくので、今後若い行政書士の方々が活躍できればいいなと思います。

 まず、行政書士の仕事のイメージを持つことが重要です。
仕事が依頼されて、どのように進めるのか。そして、どうなれば依頼が完了なのか。その仕事に対しての料金はいくらなのか。

 上のイメージを持った上で、行政書士の場合は普通の営業とは少し違います。何が違うのかというと、「必要のない人は本当に必要ない」ということです。ですので、飛び込みの営業などは、余程の数をこなさない限り、やってもあまり意味がありませんし、精神的なダメージも大きいです。

 では、どんなふうにすればよいのかというと、「必要なときに思い出してもらうようなこと」です。まず、最も簡単なことで言えば、「事務所に見やすい看板をつける」ことです。その看板に業務内容も一言二言で分かりやすく書いてあれば、よりいいです。

 もう一つが、今では当たり前になりましたが、事務所のホームページを持つことです。これはネット上で看板を持つのと同じです。必要な人は検索します。ただし、ある程度のSEO対策が必要だということと、効果が出るまでに少し時間がかかります。

 どんな営業よりも重要なことが、「人に会う」ということです。しかし、これをただ人と会えばいいと思っている人が多すぎです。会ったら、会った人と関わりを強くすることが大切になってきます。私の場合は、名刺交換をしたときは必ず次の日にメールを送り、その人達が集まる交流会に次回も必ず参加するようにしています。
 とにかく覚えてもらわなければ仕事はいただけません。

 最後に「お客さんに対し、提案ができること」も重要です。1人のお客さんから仕事が入った場合、そのお客さんの話をしっかり聞くと、実は行政書士ができることがあったりします。そこで、提案ができるかどうかです。

 まとめですが、私がやっている集客です。
・人に会う(交流会やただの食事会など)
・看板の設置(多少お金がかかりますが、先行投資です)
・ホームページの開設(自分でできる人はそれでいいです)
・知人や友人からの紹介(これは運もあるかもしれませんが、私は今もよくあります)
・お客様からの紹介(お客様がさらにお客様を紹介してくださるパターンです。口コミです)
・他士業からの紹介(私の場合は司法書士の先生、社労士の先生、税理士の先生の紹介も多いです)
・相続や遺言の業務に限定すると新聞折込チラシ(フリーペーパーはやってみましたが、効果はありませんでした。フリーペーパー30000万部配布するより、新聞折込チラシ5000枚の方が効果があります。いきなり、「当事務所にご相談を!」と書くよりも日時を決めて相談会をやる方が効果があるように思います)
・SNS(今では当たり前ですが、YouTubeなどは人離れがおきていたりするので、私はYouTubeはやっていません)
以上になります。

 一応、私は食べる分には困らない程度にはなってきたので、このまま続けていこうと思っています。

タイトルとURLをコピーしました