相続~必要な書類~

実際の相続手続きには多くの書類が必要となります。


実際にどんな書類が必要なのかと言うと、

・亡くなられた方の出生から死亡までの戸籍
・相続人全員分の戸籍
・遺産分割協議書
・相続関係説明図(作成する必要があります)
・財産目録(作成する必要があります)
・土地、建物の登記簿
・公図(番地が記されたもの)
・固定資産税評価証明書
・預金通帳(実際には亡くなったときの財産となりますので、銀行で残高証明をとる必要があります)


行政書士が手続きをするのに上記書類がなければなりません。


この他にも生命保険や各手続きごとに委任状などが必要です。

タイトルとURLをコピーしました