Archives

5月15日

5月15日で行政書士となって2年になりました。はじめは不安で副業ではじめた行政書士。しかし、そんな中途半端な決意ではいけないと思い、今年の1月に改めて独立いたしました。今は仕事がない不安とも、仕事があって納期や調べなければわからないもの不安との狭間で日々戦っています。

相続~最初にすべき事~

相続においても一番最初にやるべき事は「書類集め」です。相続人の戸籍謄本、亡くなられた方の出生から亡くなった時までの戸籍謄本などです。これらの書類は後の書類作成をするため、また、その証明をするために必要な書類となります。

相続~必要な書類~

実際の相続手続きには多くの書類が必要となります。亡くなられた方の出生から死亡までの戸籍、相続人の戸籍、遺産分割協議書、相続関係説明図、財産目録、土地や建物の登記簿、公図などです。行政書士が手続きをするのに必要な書類です。これらは行政書士が相続人に代わり収集することができます。

遺産分割協議書って何?

遺産分割協議書とは、相続人の間で誰がどのように遺産を相続するかを協議し、その合意を記した法的な書類です。遺言書がない場合は基本的に相続人全員で協議を行うこととなります。遺産分割協議書に合意した内容を記載し、相続人全員が署名・押印すると、その協議は成立したことの証明となります。

行政書士に相続を依頼するメリット

相続手続きはいろいろな士業関わってくることになる出来事です。争いなら弁護士、不動産があれば司法書士、相続税ならば税理士と言う感じです。では行政書士は何ができるのでしょうか?行政書士は権利義務に関する書類作成の専門家として遺産分割協議書を作ることができます。

代車・・・

レクサスISがぶつけられたことにより、届いた車はクラウン!年式もまだまだ新しいものでした!機能も満載でいて、昔からの機能も残っている。クラウンならではですね。しかし、やっぱりレクサスISが恋しくなりますね。

愛車が・・・

愛車であるレクサスIS250がぶつけられました!私は車に乗ってもいなかったので、お相手様に100%非があるということで落ち着きました。お相手様にもケガがなくてよかったです。しばらくは代車ですが、なんとクラウン!びっくりですね!

行政書士の必需品!

行政書士はその業務の特性上、種類に関わらず、郵送での対応が非常に多いです!ですので、レターパック、角形3号・長形2号の封筒や切手、事務所の住所と名前の入ったスタンプなどは必需品です。高価なものじゃなくてもよいので準備しておくと便利です。

看板を設置いたしました!!!

事務所の顔とも言える看板を新調いたしました!このホームページのTOPにもなっているものですが、プロのデザイナーの方に作成していただいたものです!雨の次の日などは磨いたりして大事に守っていきたいと思います!

資格を取っても日々勉強

行政書士は資格取得のためにする勉強と実務がかなりかけ離れています。そして、行政書士会などでの無料の研修もありますが、はっきり言って質があまりよくありません。つまり、自分で勉強するしかないんです。
タイトルとURLをコピーしました