行政書士を有名にするには、まず自分から

行政書士

今回は少し変わった記事を書こうと思います。
行政書士の業務の中に補助金の申請サポートがあるのは前回の記事でも書きました。
これは我々、行政書士本人にも適用できますので、自分の補助金を申請することができます(当たり前ですが)。

今回はこの補助金を使って、今までほとんどの行政書士がやっていないであろうことをやっていこうと思います。
使用する補助金は小規模事業者持続化補助金。
使用目的は販路拡大です。

分からない人がいるといけないので、もう一度ここで説明しておきますと、小規模事業者持続化補助金とは新たな事業を展開する事業者、新たに販路拡大をしようとする事業者に適用される補助金で、経費の3分の2を補助金で賄うことができます。
金額は要件を満たしている事業者には最大で100万円の補助が受けられます。
これを使用します。

まあ、ここまでは行政書士界隈では普通です。
これを使って、ホームページやチラシをやります!という行政書士は多いと思います。
しかし!こんな普通のことをやっていては他の行政書士との差別化はできない!さらにホームページやチラシぐらいで知名度が上がっていたら、行政書士はもっと有名なはずです!

そこで今回目を付けたのが、「Instagram」と「YouTube」です!ここにお金をつぎ込んでソッコーで知名度を上げてやろうという作戦です!

作戦の詳細はこうです!
①まず個人名+行政書士でアカウント作成!
②ある程度(300人ぐらい)までフォロワーを増やす!
③インフルエンサーを使って宣伝してもらう!(ここにお金がかかります)
④自分も行政書士インフルエンサーになる!
⑤YouTube開設!
ここまでが一連の作戦になります!

問題は②のフォロワーを増やすことですが、これはフォローしまくり、投稿しまくりで増やすしかありません!要は一人人海戦術です。

最終的な目標はInstagramのフォロワーは10万人、YouTubeのチャンネル登録者数10万人を目指します!
ちょっと宣伝する程度であればインフルエンサーにかかる費用は月数万円程度ですが、ここは一気に攻めていきたいので最低5万円ぐらい毎月かけていきます。

そして、もっとも重要なことですが、どの分野の業務を宣伝していくかについてです。
もちろんInstagramやYoutubeにホームページのリンクは貼っておき、自分や行政書士は売り込んでいくのですが、そこから仕事にならなければ意味がありません。
そこで、今回は「補助金申請サポート」をメインに売り込んでいきます!
理由はもうすぐ新しい「事業復活支援金」始まること、そして現在、補助金の需要が異常なまでに増えているからです。

リスティング広告なども考えたのですが、もうやっている人がいるし、他のSNSの広告もやっている人が多くみられるので、他がやっていないことをやりたいなと思い、いろいろ考えた結果こうなりました。

正直、どうなるかは全くわかりません。需要があることは間違いないのですが、Instagramだと比較的若い層が利用しているイメージがあるので、全然結果が振るわないかもしれません。
ただ、有名にはなる気がします。

ある程度費用をかけてやろうと思っていますので応援してくださると嬉しいです。
私のInstagramのアカウントを作ったら、ホームページにも載せていきますので、フォローよろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました